スポンサーサイト

Posted by OUT OF TUNE on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初春を寿ぎ新年のお慶び申し上げます

Posted by OUT OF TUNE on 03.2010 Staff 1 comments 0 trackback
明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
今回の担当はVJの毒ドリル(モリイ)です。

さてblogを持ち回りで書くことになり、年末からVJという立場で何を書いたものかと
ひとしきり考えてはみたのですが、人に話して面白い独自のVJ論といったものがある
わけでもなく、DJ陣に紛れて曲の推薦なんてことも考えてはみましたが、これといって
結論が出ないままに新年を迎えたわけです。

とりあえず何かか書かねばとパソコンに向かい「一晩踊るにはソールにエアーが入っ
ていたほうが足腰に負担がない」だとか「クラブで遊ぶにはこんなバッグが調子いい」
とか、あまりにも取り留めの無い事を書いては消し、書いては消ししているうちに
この本が目に留まったので紹介します。

ジョセフ・メン著『ナップスター狂騒曲』SOFTBANKパブリッシング
ナップスター狂騒曲ナップスター狂騒曲
(2003/09/27)
ジョセフ・メン

商品詳細を見る


この本は世界を賑わせたナップスターの誕生から終焉そしてロキシオ社による買収に
よって復活するまでを描いた作品で、多くのインタビューを元に当時の様子がまとめ
られており、メディア等で報道されなかった部分も詳しく描かれていて興味深い内容に
なっています。
ファイル交換ソフトWinnyの裁判でも焦点になっている「問題はファイル共有ソフト
開発」、「ファイル共有ソフトという技術の使い方」あるいは「そもそものファイル
共有という考え方」の何処にあるのか、といった事や販売形態の変化による音楽や
映像、書籍等の知的所有権に関する問題、今年の1月から施行される「ダウンロード
違法化」にも繋がる部分のある一冊ではないかと思います。

ナップスターを初めて知った当時、mp3ファイルの交換をインターネットで交換する
ことでこんなに簡単に聴きたい曲が手に入るなんて(違法だけど)すごい技術だ、と
当時はダイアルアップのテレホーダイだかISDNの素麺みたいに細いインターネット回線
に繋がった世界に感心したものでした。

著作権についてはよくわからない、という人も単純に読み物としても楽しめると思うので
暇つぶしにどうぞ。
もしかしたら絶版かもしれませんがamazonで検索すると中古で300円位で買えます。

それでは9日、“Out of Tune vol.24”で会いましょう。

▶ Comment

自分の番だよね。
自分も何を書いて良いのやら迷ってます。
毒ドリルの苦しみが分かりますです。

私がアピール出来ることって何じゃらほい?
フレディーなんでしょうか?

みなさん Help Me!
2010.01.05 13:30 | URL | Fredie #FlD0yWJI [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://outoftune.blog91.fc2.com/tb.php/95-b88c72db
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。